厚生年金保険法の法改正

日本年金機構のロゴ 厚生年金保険法
スポンサーリンク

厚生年金保険法の主だった法改正についてまとめています。詳細については、各社から出版される法改正テキストで必ず確認してください。

おすすめの法改正については下の記事をご覧ください。
https://sharoshi-gokaku.net/benkyoho/kyozai/osusume-text/

スポンサーリンク

平成26年4月12日から平成27年4月10日までの法改正

マクロ経済スライドに係る調整率の適用

平成27年度の新規裁定者・既裁定者の再評価率にマクロ経済スライドに係る調整率(-0.9%)を乗じることとなりました。

在職老齢年金の支給停止調整額・支給停止変更調整額の変更

従来は46万円でしたが、平成27年4月1日より47万円に変更されました。なお、60 歳台前半の支給停止調整開始額(26 年度:28 万円)については変更ありません。

厚生年金原簿の訂正請求の創設

国民年金と同様に、厚生年金原簿の訂正請求が条文化されました。詳しくは国民年金の法改正の記事か法改正テキストで確認してください。

滞納した保険料に係わる延滞金の軽減利率

租税特別措置法93条2項に規定する特例基準割合が年7.3%の割合に満たない場合には、その年中においては当該基準割合に年7.3%の割合を加算した割合とし、年7.3%の割合については当該特例基準割合に年1%の割合を加算した割合(当該加算した割合が年7.3%を超える場合には、年7.3%の割合)とすることとしました。

現況では市中金利が低いことを受けて、当軽減利率が導入されます。なお、徴収法・健康保険法・国民年金法・厚生年金保険法共通の改正点です。

参考資料:平成27年度の年金額について(PDFが開きます)

コメント