雇用保険法の改正

雇用保険改正 法改正
スポンサーリンク

雇用保険法の法改正について、試験に出そうな部分をまとめています。時間的余裕が無く大雑把なまとめなので、必ず法改正テキストで確認してください

※業務多忙につき、更新が滞っています。試験で問われる可能性のある改正については、資格学校や出版社が発刊する法改正テキストで確認しましょう。

また、独学で勉強されている方で、市販のテキストをお使いの場合、出版社のサイトで法改正情報が掲載されています。そちらもご確認ください。

おすすめの法改正テキストについては、次の記事で取り扱っています。
https://sharoshi-gokaku.net/benkyoho/kyozai/osusume-text/

スポンサーリンク

平成27年4月11日から平成28年4月までの改正

雇用保険料率の変更

久しぶりに雇用保険料率が変更されます。
https://sharoshi-gokaku.net/benkyoho/kaise/post-792/

自動変更対象額変更

雇用保険の自動変更対象額(収入控除額、支給限度額など)は毎年8月1日に変更されます。

平成26年4月12日から平成27年4月10日までの改正

専門実践教育訓練に係る教育訓練給付金の追加

中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座(専門実践教育訓練)を受講した場合に、給付金の給付割合の引上げや追加支給があります。
一般の教育訓練給付金に比べ、対象となる教育訓練・支給要件期間・給付金の支給率・申請手続きなど違いがあります。

教育訓練支援給付金の創設

平成31年3月31日まで専門実践教育訓練を開始した人で、その教育訓練を受けている日について現に失業している人に対し、教育訓練支援給付金が支給されます。

育児休業給付金の要件改正

育児休業給付金の受給要件が改正されました。平成26年10月1日以降にある最初の支給単位期間から、支給単位期間中に10日を超える就業をした場合でも、就業時間が80時間以下であれば育児休業給付金が支給されることとなりました。

給付の申請期限の改正

就職促進給付や教育訓練給付金などについて、申請期限が過ぎた場合でも時効が完成するまでの2年間まで申請が出来ることとなりました。

参考資料:
教育訓練給付の対象講座を受講希望の皆様へ(リーフレット) PDFファイルが開きます
育児休業期間中に就業した場合の育児休業給付金の取扱いが変わります(PDFファイルが開きます)
雇用保険の給付金は、2年の時効の期間内であれば、支給申請が可能です(PDFファイルが開きます)

コメント