社労士の仕事とは

見上げるビジネスマン 社労士試験の基礎知識
スポンサーリンク

「社労士の仕事って何?」
「社労士って良く耳にするようになったけど、どんな人たちなの?」
このように思われてる方は大勢いらっしゃると思います。

ここ最近では、社労士の名前こそ、消えた年金問題やドラマ『ダンダリン』などで知られるようになってきましたが、
その業務内容はよく知られていないのが現状です。
ここでは、謎めく社労士の業務についてお伝えします。

見上げるビジネスマン

スポンサーリンク

社労士=社会保険労務士は国家資格者

社会保険労務士は社会保険労務士法で定義されています。
(参考:社会保険労務士法)

社会保険労務士とは毎年行われる、国家資格試験である社会保険労務士試験に合格し、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事した者、又は厚生労働大臣が指定した講習を修了した者で、全国社会保険労務士会連合会が備える『社会保険労務士名簿』に登録された者のことです。
事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的としています。

じゃあ、どんな仕事をしているんでしょう?

社会保険労務士の仕事は3つに大別される

社会保険労務士法第2条により、社会保険労務士の仕事は大きく3つに区分されます。

1号業務(独占業務)

  • 労働社会保険諸法令に基づく申請書などの作成
  • 申請書等の提出に関する手続き代行
  • 事務代理
  • 紛争解決手続代理業務(特定社会保険労務士に限る)

就業規則の作成、労働社会保険諸法令に係る申請書作成及び届出、
各種助成金の申請などを行います

2号業務(独占業務)

  • 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等の作成

労働者名簿や賃金台帳などの調製などを行います。

3号業務

  • 事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること

3号業務は非常に幅広い分野に及びます。
特に、人事・労務管理のコンサルティング、年金相談などがよく知られていますね。

 

まとめると、社会保険労務士は、人事労務管理のエキスパートということです。

 

社会保険労務士の働き方は2通り

社会保険労務士は、主に2通りの働き方があります。

独立開業

一国一城の主となることです。

中小零細企業は人員が少ないため、
煩雑な労働社会保険に係る手続きなどに手が回らないところが多いです。
そういった事業場と顧問契約、又はスポット契約を結び、

人事労務分野の業務を代行します。

勤務社労士・企業内社労士

企業内にて、社会保険労務士の名前を持ちながら働く形です。
特に、人事部・総務部の社員さんで多いパターンですね。
社会保険労務士の知識は、人事部・総務部などの社員さんにとって、
必要不可欠なものなので、存分に知識を活かして社内で活躍が出来ます。

コメント