資格学校に通学するか、通信講座を受けるか

通学か通信か 社労士試験の準備
スポンサーリンク

前の記事で、「資格学校を利用するか、独学を選ぶか」を考えてみました。ここでは、資格学校の利用を選んだ上で、それの利用スタイルにスポットを当ててみましょう。

今では、通学講座を用意している資格学校は、ほぼ同様の内容の通信講座も準備しています。

また、クレアールやユーキャンのような通信講座専門のところもあります。通学講座と通信講座、どちらがよりよい選択肢なのでしょうか?

通学か通信か

スポンサーリンク

通学講座のメリットとデメリット

通学講座のメリットを考える

  • 仲間が作りやすい
  • 講師に質問がすぐ出来る
  • 学習のペースが保てる

先に紹介したとおり、同じ目的を持った者同士で勉強するわけですから、仲間が作りやすいです。同時期に合格したら同期になるわけで、資格取得後も分からない事があれば相談し合えるというメリットが大きいです。

講師に直ぐ質問できるのもいいですね。授業が終わった後に確認すると良いでしょう。

授業に出れば、否が応でも学習ペースが保てます。出席することがペースメーカの役割を果たします。本試験まで勉強し続けられる可能性が一番高い講座です。

全国に開講している大手受験指導校がおすすめです。次の記事で、おすすめの社労士試験の通信通学講座を解説しています。
一発合格者が語る社労士試験のおすすめの通学・通信講座

こちらからだと、複数の学校のパンフレットをまとめて請求できます。
社労士の資格取得を目指すなら司法・労務の資格ナビ

通学講座のデメリットを考える

  • 授業に出られない可能性がある

時間の都合で、授業に出られない場合があります。お勤めの方は、お仕事の関係上、授業に出席できない方がかなりいらっしゃいます。

例えば、平日コースだと夕方頃から始まるところが多いので、残業しなければいけなかったりすると、出席出来なくなります。学生さん等なら、あまり問題にならないでしょうが、お勤めの方は、ここが大きな障壁でしょう。

ただし、通学講座のオプションとして、欠席したとしても、音声データ、貸し出しのDVD、Web通信講座で欠席分をフォローすることも可能です。ここは各学校のパンフレット等でフォロー体制についてチェックをしてください。

 

実は「通信講座」は2つのタイプがある

一言に「通信講座」といっても、2つのタイプに分けられるんです。

1つは、大手資格学校などの通信講座です。中身は教室講座を通信講座向けに構成して撮影したもので、生授業と変わらない品質のまま、いつでもどこでも学習できるタイプです。学習メディアはDVD・WEB・音声データなどがあります。近くに校舎が無い場合でも、教室さながらの授業が受けられます。

もう1つは、フォーサイト、クレアールなどの通信講座専門校が提供している通信講座です。途中で挫折しないように工夫されているところが多いです。

特に、フォーサイトについてはかなりポイントを絞っているので、テキストの内容は薄まっている感があります。どちらかというと、短期決戦向けの講座といった性格が強いです。本試験まで時間が取れない方にいいのかもしれません。学習メディアはCD・DVDの場合もあれば、テキストだけのところもあります。

なお、ユーキャンは通信講座専門校に含まれると思いますが、最近では有料オプションで教室講座を始めているので、分類が難しいですね。

通信講座のメリットとデメリット

通信講座のメリット・デメリットを考える

  • 受講の時間配分が自分で決められる

通信講座の学習スタイルは、主に学校から発送される講義DVDを視聴するタイプと、講義をインターネットで視聴するタイプが主流です。

大手学校の場合、カリキュラムは通学講座とほぼ同様のものですので、通学講座よりも受講の時間割に融通がつきます。送られてきたDVDやインターネット配信を順次処理できる方は最良のスタイルかもしれません。お勤めの方にオススメです。

そして、デメリットでもあります。DVDやインターネット配信をほったらかしにしてしまう恐れもあります。宝の持ち腐れですね。主体性に自身が無い人は、通学講座のご検討を。

通学講座VS通信講座、まとめると

  • 時間に都合がつくなら、通学講座!
  • 時間拘束のあるお勤めの方などは、通信講座

こんな感じです。いかがでしょうか?

各講座を比較するなら、資料の一括請求が便利です。無料です!
社労士の資格取得を目指すなら司法・労務の資格ナビ

コメント